10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

自転車に全フリはムリ

笑って泣いて全力で遊ぶ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ロード1カ月の初心者さんはセンスの塊 

3月20日(月)はチームの山練を兼ねた体験者さんライド。
この日まで梅祭りが開催されているので、まず東筑波ユートピアから湯袋峠、そしてつつじヶ丘ロープウェイ駅まで登り、神社側から降りて平沢駐車場に帰るルート。

体験者さんはこの日は二人。
一人は4月から高校1年生のユース希望の男の子で、もう1人はロードバイクを始めて1カ月の女性でした。

総勢17名も集まったこの日は4つにパック分けしてリーダーを決めていたので、それぞれ走行間隔も余裕あって、安心して走行出来た。
私は信頼する梅っちとカンチェのパックに入ったので、登りで千切られるのは判っているけど、頑張ってついていこうと気合いも入る。

アップがてらまずはそこそこアップダウンのある道を20kmほど。
登りが始まる前にコンビニに寄り補給。
ゼリーとチョコバーを購入して、ゼリーだけ口にした。
ここで、しゃがんで初めて太ももが筋肉痛だと気が付いた。
昨日太ももをパンパンにしたからかな。みんなに迷惑かけずについて行けるだろうかと少し不安に。

ユートピア越えは今回が2回目。
筋肉痛とは言え、前回よりは少しでも早く登れたらと思って、前方を軽々走るカンチェの姿を完全に見失わない様に走った。
タイムはほぼストラバ頼りで、リアルタイムで計測や確認はしないから、この日はトラブルがあったのでどの程度で登れたのか判らず終い。

そのトラブルと言うのが、まず一つがユース希望の体験者さんのチェーン切れ。
これは南野さんが対応してくれて、トルクをかけなければ何とか走れる状態になった。
そしてもう一つがその直後に、もう一人の体験者さんが自転車を倒してしまう際に左の親指を切ってしまう。
見た目以上に深い傷の様で血が止まらない状態。
絆創膏も南野さんが持っていてそれでひとまず対処した。

普段私も絆創膏は持ち歩いていたのだけど、この日はマグオンを一緒に入れておこうと取り出して、仕舞い忘れた(;´Д`)
ミッシングリンクに関しては、10sのを持ち歩いていたけど、11s化したので持ち物から外したところだったけど、自分以外も使えるのだから今後また持ち歩こうかと思った。
11sもあるはずなのだけど、どこか行方不明中。探さねば。

チェーンの対処を待っている間にお腹が空いてきて思わず「あ゛ー腹減ったぁ」と声に出したら、カンチェに「夫婦じゃないんだから」「前回から大分気安いよね、まゆさんはまだ大丈夫だよね」と/(^o^)\
あっはっはっはっは。
いいじゃんいいじゃん。なんなら自転車乗ってる時は夫のポジションでお願いしますwww

ここでチョコバーを美味しく頂いたんだけど、渡辺さんが着地点の無い話をするからこの日もまた腹が捩れるほど笑った。
しかも食べながらだったから酸欠でしんどかったよ(^ཀ^)

トラブルはひとまずどちらも事なきを得て、真壁のセブンイレブンまでダウンヒル。
当初のルートではきのこ山から加波山へ行く予定だったが、時間がだいぶ押してしまったので、無理せずルート変更。

初心者さん、ロードバイクに乗り始めてまだ1カ月なのに、ユートピアまで平均勾配10%の3.3kmを足着き無しで登ってきた。更に最後まで足着きしたくないと、待っていた私達をスルーして頂上まで残り0.6kmもそのまま登り切った。
一緒に走っていた南野さんの話だと、なんと「もうゴールだよ」と言った途端スプリントしたらしい。初めてのヒルクライムだと言っていたのに末恐ろしい。
ダウンヒルは、ブレーキがSORAだからヒルクライムは止めておいた方が良いと、いつも一緒に走っている人に言われていたのと、下りへの恐怖心がかなり強いみたいだったので、かなり慎重にゆっくり時間をかけて下りました。
ブレーキをランクアップして、また登りに行った時に、恐怖心が少しでも和らいでいると良いなと思う。

補給ポイントのコンビニへ到着して、先に降りていたみんなと合流。
ここで、ユース希望の体験者さんのチェーンが再度切れて自走不可に。川田さんが車を取りに行って迎えに来てくれる事になった。
一方、初心者さんは絆創膏を買って張り替えて笑顔が戻ってきた。良かった。

この後は湯袋峠からつつじヶ丘ロープウェイ駅へ。
パックのメンバーが少し変わる事になるので、カンチェに女子のパックを頼んで、私もそこで行くつもりだったけど、花嶋さんから「あすかさん、ユースを一緒に行きますか」と言われ、「落ちるの前提で」とユースのパックに入った。
梅っちに「落ちてきたら拾ってね」って言ったら、「屍は超えて行きます」ってオイ!!

ユースのトレイン、判っていたけど最初から速い。
湯袋峠までは登りは緩いのだけど、それでも結局はユースの速さにはついていけず꒰✘Д✘◍꒱
昨日と同じ様に軽いギアで回す事を意識してタレずに進んだ。

風返峠への右折のところで、後続を待とうかと少し甘えた考えが浮かんだけど、先週ここを登った時にキリが動画を撮ってくれていた場所までは登ろうとそのまま進む事にした。
ここでも息が上がらない様に気を付けながらひたすら軽いギアで登る。太ももは正直しんどい。
それでもとにかく回す事に集中してキリがいた場所が見えてきたけど、風返峠の信号までもすぐそこだと気付き、一旦上まで進む事にした。
それから下って、初心者さんと一緒に登り直そうと思い、そのままUターン。

自分のペースよりゆっくりな時はギアを重くすればいい練習になる。
初心者さんと南野さんを見つけて合流。
ここまでも足着きはしてないとの事。フラペですごいよ本当に。

途中、カンチェが待っていてくれて、更に花嶋さんも下りてきてくれた。
花嶋さんがカンチェに「富士ヒルを1時間30分で走り切る速度で登るからついてきて」と言って二人は先に行ってしまったけど。

後ろについて彼女の走りを見ていると、登りなのに途中で立ち漕ぎして伸びをしたり、斜度に合わせてちょいちょいギアを変えたりと、自分が初心者だった頃にはとても出来なかった事をしていてかなり驚いた。
テニスをやっていたらしいけど、センスがある人ってこういう事を無意識に出来てしまう人なのかなと思った。彼女が本格的にヒルクラに目覚めたらあっという間に先に行ってしまうと思った。

そうそう、風返峠の信号に近づいてきて、南野さんが「もうすぐだよ」って言ったら、初心者さんまたスプリント!!
「うえぇぇマジかよ」って言ったら、笑いながら振り返る余裕すらある模様。
スプリント速くて追い抜く事は出来なかった(^ཀ^)
最後に余力残してるってどんだけですか!!!???
マジ先が楽しみな人です。

風返峠までの道中で「ワンクッション挟んでもう1回登るよ」って伝えたつもりだけど、届いてはいなかったらしく、風返峠からつつじヶ丘までは先程までよりかはパフォーマンスが落ちている様にも見えた。
見えたんだけどな!!やっぱりゴールが見えたらスプリントしたよ!!
しかもフロントをアウターにしたからビックリだよ!!!!!

つつじヶ丘についたら念願のソフトクリーム(๑´ڡ`๑)
凪子さん達と来た時は赤梅を食べたので、今回はいちご!!
美味し~♡♡♡

帰りは神社側から下山したのだけど、梅祭り最終日は渋滞もなく、気持ち良いダウンヒルが出来た。
初心者さん、バスに乗って下りたいと言っていたけど、冗談では無かったらしく、自走はギブアップ。
かよさんが迎えに行って南野さんと車で下りてきた。本当に怖がっていたからサポートカー有難い。かよさんありがとう。


平沢駐車場まではりんりんロードをカンチェとまったりおしゃべりしながら走った。
レジェンドについて行けて嬉しかったと喜んでた!まだまだ上に行ける!!
平沢まで戻ってきても、ユースたちとスプリントしたり、すごいよね。見習いたい。
私も少しでもついていけたって言える日来るといいな。

その日のストラバのデータを見ると、湯袋峠と風返峠までのセグメントは過去最速だった。多少重いギアで登る方が性に合っている気がしているけど、軽いギアで回して登る方が速いってことか…
まだまだ改善の余地はあるかな。来月のレースに向けて頑張るぞ。
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/24 Fri. 17:05 [edit]

category: ロードバイク

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://cpdiem.blog.fc2.com/tb.php/35-23f32081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。