09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

自転車に全フリはムリ

笑って泣いて全力で遊ぶ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

噂のさわやか食べに富士五湖巡って富士山一周 

8月に渋峠に行った時に「次は富士山 & さわやかライド」と緩く約束してた案件。
おしりんの月曜休みが決まり遂に実現 (* ´ー `*人 )
でも残念は事にごおさんは法事で DNS 。
直前過ぎたのもあって、誰かに声かける事なくそのまま二人でレッツゴー♫
 
朝5時に集合していざ道の駅すばしりへ。
東名高速通過中に横に大きな山が見え、直ぐに建物で見えなくなる。
「あ、今の山大きいね」
「富士山じゃないよね?大観山…?」
と話してる間に真正面にその姿を見せたのは「ちょ、富士山じゃんwww 」
2人で爆笑。
そんな富士山を写真に収め様とスマホを操作するも、タイミングが悪くて邪魔が入るwww
0166.jpg
ひどくね?www 
0167.jpg
これこれ!撮りたかったのは!
 
足柄SAに寄って朝食を。
うどんの朝セットは素うどんにお稲荷さん2個、ちくわの天ぷらとなかなかボリューミー。美味しいけど苦しい。
ちくわ1本はおしりんに贈呈♪
0011.jpg
 
御殿場ICを下りた後に見えた富士山は朝日が当たってほんのり赤く、下の方の緑色とのコントラストが凄く綺麗で感動した。
ほどなくして道の駅すばしりに到着。
平日の朝だからか車のも人気も少ない。
準備をして早速出発。
 
◆最初に目指すは山中湖◆
 
道の駅を出て直ぐに始まる登り。アップ無しでは辛すぎ。走り出し早々太ももが乳酸でガチガチになり、速攻1回死んだ。
その直後、前を引いてくれているおしりんのバイクからガシャンガシャンと凄い音がしたと思ったらチェーン落ち。
「先行ってて」と言われ、そのまま進む。直ぐに追い付いてきてまた前を引いてくれるから必死について行くけど、もうずっと登りでめっちゃ脚が辛くてまた死んだ。
あれ、このままおしりんのペースについていったら早々に脚終わるんじゃね?
やっと気付いてマイペースに登り始めたけど、絶望クライムが毎度お馴染み過ぎて
「頑張れ~」と前からおしりんの声が聞こえてきたけど、頑張るって何だっけ?
しんどさの極みを乗り越えて見えてきたのは【籠坂峠】の看板。
元気だったら写真の一つも撮っただろうに、既に2回死んでたのでそんな気が回らず。恐ろしい事にここまでわずか6kmだよ?マジかよ。メーター壊れたんじゃね?
 
壊れたと言えば、おしりんのスプロケが緩んでて、時折嫌な音を響かせる。
「その音超怖いwww」
「自転車屋さん見つけたら寄ろう」
まだ始まったばかり、途中で大破したりしませんように!
 
「朝のちくわが悪さしてるわ~」
「もう!?そんな!?」
笑われつつ、その後は2km程ダウンヒル。追い風も手伝ってめっちゃ気持ちい!
快調に進んで、下りでもおしりんに千切られた。
下り切った先のT字路から湖が見えて山中湖に到着した事が判ったけど、信号が赤になあって急ブレーキ。
キシリウムプロエグザリットってリムの加工が特殊なせいか、ブレーキの強さで凄い音が鳴り響く。古い錆々のママチャリのブレーキみたいな音。
注目浴びて恥・ず・か・しー!
 
横断するのに歩道で待っててくれたおしりんと合流して、湖岸へ。
でもどこからへ行けるのか判らず暫く緩く走りながら入口を探す。
やっと見つけたけど、人が全くいなくて閑散としている。
あれ?ここって観光地だよな。
とりあえず写真を撮ったけど、なぜこの写真か。
 
018.jpg
 
◆次なる目的地は河口湖◆
 
山中湖の湖畔沿いの平坦な道は、車も全くと言っていいほど来ないし、人家も少ない。横に見える穏やかな湖の景色と相まって日常から離れた生活感のない空間だった。
途中道を間違えつつ、気が付けば富士駅を通り過ぎ、目の前には富士急。
6月頭にスバルラインを走りに来て以来。でもまさか年に2回もこちらまで来る機会があるなんて。自転車に乗ってなかったらまず無かった!
 
富士急から2kmほどで河口湖に到着。
山中湖と違って観光客もちらほら。
それに山中湖でちゃんと写真を撮ってない事に今更気付いたのはここで。
写真を撮って振り返ると「白桃ソフトクリーム」の文字が。
「食べたい!あ、でも(ちくわが残った状態では)重いかな」
「ソフトクリームくらい大丈夫でしょw」
「だよね」
おしりんはぶどう。
 
024.jpg
食べて良かった!めっちゃ旨かった~💛💛💛
 
◆西湖はすぐお隣◆
 
また暫くは湖畔沿いの平坦な道をゆるゆる走る。
少し進むとレンタサイクル屋さんがあり、スプロケを締めてもらおうと立ち寄るも、店員さんメンテに関しては無知だったらしく話が通じず断念。
道の駅かつやまの近くで【真夏の世の夢】に出てくる【パック】みたいなモニュメントあり、高い柱の上からこちらを見下ろしていた。景色に合ってなくて不思議。
後になって調べたら、富士五湖(正確には河口湖)には9体の妖精のモニュメントがあるらしい。なんでも合併前の9市町村分なんだって。
機会があったらそれを探してサイクリングも良いかも。
 
湖北ビューラインに入ると直線からつづら折りの坂道が。
平均斜度は7%前後だったのだけど、つづらに入る前に中学校があった。
「まじか。毎日この坂登って登校とか強すぎでしょw」
「ママチャリで登るなんて嫌過ぎるw」
河口湖から離れてたった2km程で西湖に到着。
019.jpg
「近すぎでしょ~!!」
ここまで約35km。もう3つ目。
 
saiko.jpg
西湖は小さくて、人もいなくてとても穏やかだった。
 
◆第4の湖・精進湖へ◆
 
追い風に押されて、ちょっとくらいの登りは全く気にならない時間の始まり。
「見て見て屋久島みたい」
そう言われて左側を見ると、ホントだ、苔が凄くてそんな感じ。
でもちょっとなんかこれって…
と思ったら目に飛び込む標識で確信。
「青木ヶ原の樹海だ~」
なるほど昼間でも薄暗い。しかも街灯も少ない。
幽霊とかは得意じゃないのでノーストップ!さっさと進む。
後でルートをみると緩く登ってる時の方が多かったみたいだけど、追い風効果は凄い。下りながら橋に差し掛かった時は怖いくらいだった。
 
勾配が緩んだ辺りで精進湖に到着。
看板は見当たらず…
目に見える湖はひょろっと伸びてる足の部分だったみたいだけど、ちょっともの悲しい雰囲気で…
「犬神家だな」
おしりんが言うと脳内にあの曲が流れ、もうそれにしか見えない。
脚出てないよね?
「ちょっと進めば看板あるかな」
そう言って先へ行くと、工事中。
でもその向にちょっと違うがまあそれなりのものを発見!
これでいいかとパシャリ。
ヘルメットを台に無人でと思ったら、おしりんのヘルメットつるつるで無理だったw
 
020.jpg
 
◆最後の湖・本栖湖へ◆
 
精進湖からこちらもほんの2km程度、ゆるゆる走って到着。
景色は良いけど写真には上手く収まらずwww
 
021.jpg
027.jpg

 
あっという間に富士五湖巡りが終わってしまった。
50kmも走ってなかったから確かにサイクリングにはもってこいかも。
 
さて時間はまだ11時前。
目の前に食堂があるけど、まだちょっと早い。
私はお昼はどこで~なんて全く考えてなかったけど、おしりんは違った。
出来る男だ。
「15kmくらい先にまかいの牧場がある。牧場なら肉食えるっしょ」
「まかい?魔界?」
頭の中では魔界之小路先生も浮かんでたw
やっぱり走ったら肉だよね!
反対する理由は皆無!まかいの牧場目指して出発!
 
◆まかいの牧場オシャンティ牧場◆
 
まかいの牧場まで約12kmひたすら下り。
嫌だよ、こんなに下ったらまた登らなくちゃいかんやん。
大型トラックが多く走っていたけど、路肩が狭く、背の高い雑草もちょいちょい道を阻む。ギリギリまで端に寄ってトラックに先に行く様合図してもカーブが続きなかなか難しい。流石に止まった方が良いかなと思った時、漸く先へ行ってくれた。
こんな感じの状態がその後も数回ありつつ、景色が開けると放牧されてる牛たちの走る姿が目に入って来た。
「水曜日どうでしょうみたいに声掛けたらくるかな」
そう言って「おーい」と牛に呼びかけるおしりん。
呼び声に反応したのか、ただの巡回ルートだったのか牛さん達が間近まで!
「写真!写真!」
そう言いながらスマホと取り出すまでに牛さん達は遥か向うへ。
でも、富士山と一緒にパシャリ。
usitofuji.jpg
 
牛さんはもうだいぶ向へ。
 
まだまだ下って「もう下らせんな~」と叫びつつ、まかいの牧場に到着。
「わ~お馬さんがいる~」
って仕事がらほぼ毎日馬は見てるんだけどね。やっぱり動物見るのは癒される。
お店の前まで行くとサイクルラックが用意されててちょっと嬉しくなる。
ローディーは私達しかいなかったので、同じ方向に向けてチェーンロック。
後から来るかもしれない人の事考えなくちゃね。
 
入口の看板に美味しそうなサンドイッチの写真を発見!
赤い屋根が目印です。と。
で中に入ると、そこは屋台村っぽくなっている部分と、お土産売り場。
赤い屋根??
一通り見て回ったけど、それっぽいお店は見当たらず。
別の出入り口から一旦外に出てみると赤い屋根発見。
どうやら別の建屋でした。
自転車がちょっと遠くなって心配だから、カフェテラスもあったので移動させる。
私はチキンバジルサンドのセットをチョイス。
 
023.jpg
 
サンドイッチはとっても美味しかったんだけど、サラダの量がね、結構な量でね。
お腹いっぱいになってしまい、残りをおしりんに贈呈。
 
このあと15kmの登りが待っている事はわかっていたのでちょっと長めの休憩。
ランチを食べ終えたら、スイーツよね。
食べられるか一瞬迷ったけど、甘いモノは別腹よ。
大好きなかぼちゃ味があったのでそれは即決。
あともうひとつ…丸子紅茶といちごみるくで迷い、丸子紅茶に決めた。
かぼちゃはめっちゃ美味かった!
丸子紅茶はかぼちゃに負けてしまい、組合せを間違えたけど、かぼちゃが美味かったから良し!
 
006.jpg
 
牛さん達と撮った時より富士山にかかる雲が下に下りていた。
 
005.jpg
 
そうそう、《まかいの》の漢字は《馬飼野》だって。
 
007.jpg
 
◆白糸の滝へ◆
 
さてこれからが後半戦、メインディッシュが待ってる。
でもその前におしりんが「この先に白糸の滝があるよ」と。
滝!?もちろん行く!!!
 
気が付けばいつのまにやら静岡県突入!
途中、小さなラウンドアバウトがあって、丁度道を間違えて二回通過。
地味に楽しかった♫
坂を登って曲がってまた登ったら駐車場が見えてきた!
でもそこは有料駐車場、止まらず先に進むと自転車も入っていける歩行者専用の入口があった。
先へ進むと下ってる~嫌だ~
 
一度自転車を降りて、どんな感じか様子見。
下まで下りずとも展望台があって「ここでいいんじゃね?」と言うと「どんだけ下りたくないんだw」と返される。
せっかくここまで来て、ちゃんと見ないで帰ったらアホなので、バイクをフェンスに地球ロックして、己の脚でいざ出発。
階段長ぇよ…地味に辛ぇ
これ滝つぼ近くまで行くのはアカン。
下りるのは良くても、帰りこれを登ると思うとムリ。
 
そんな訳で途中の良さげな場所で癒されタイム。水量も多く、パノラマにいくつもの滝があってマイナスイオンはバッチリ浴びれたはず。
 
008.jpg
009.jpg
 
帰りは言わずもがな。
独の沼にでも入ったみたいにちゃくちゃくと両足にダメージ受けつつ自転車の元へ。
はぁ。道路に復帰するには下ってきたところをまた登るしかないのよね。
とは言えほんのちょっと登るだけ。
その後は8kmほど緩く登り下りをして、自販機でボトルの補給をしてからいざ15kmの登りへ。
 
◆ダメージいっぱいヒルクライム◆
 
まずは1.4kmほど直線の登りがあって視覚的にダメージを与えてきた。
その後つづら折りになるのだけど、ちょいちょい9%の勾配を挟んできて脚にもダメージをジワリジワり。
走ってる時は判ってなかったけど、そこは富士スカイラインでした。
 
走り出して早々におしりんは見えなくなり、一人旅が始まる。
つづら折りに入って暫くした時に、滑ってボトルを落としてしまう。
横に浅い側溝があり、そちらに転がり、そのままボトルがダウンヒル。
「ぎょえぇぇ~行かないで~」
慌てて自転車を降りて追いかけたら、石に引っ掛かって止まってくれた。
助かった。まさかこんな場所でおむすびころりん的な事をやらかすとは。
冷たいドリンクをいれたばかりでボトルが汗かいてたのが原因。
今後は気を付けよう。
 
さて気を取り直して再び登り始めると、耳元で羽音が。
「今日も来たか…」
ヒルクライムの速度が遅すぎて羽虫に並走されるヤツ。
蚊じゃなかったから放っておいたけど、今日もいい煽り具合だった。
 
途中【富士箱根伊豆公園】の看板が見えて二度見。
通り過ぎてから、写真を撮ろうかと思ったけど、戻るの嫌でそのまま行く事に。
しかし何でそんなネーミングに?
脚の終わりを感じつつ、通り過ぎるトラックの荷台を掴みたくなるのを堪えた。
下ってくる乗用車の運転手がこちらを見てニヤニヤしていたのをキモイ…いや不思議に思いつつ、やっと見えてきた富士宮登山口。
もう登りは終わりかと思ったのに、まだ続く。でもその先でやっと休憩してるおしりんが見えてヒルクラ終了!
腰がめっちゃ痛い!!!
長いヒルクライムをすると必ず腰が痛くなる。
腸腰筋を鍛えると違うかも!と教えて貰ったので、筋トレして様子見。
 
本当にいい天気でもうすぐ10月とは思えないくらい汗かいた。
 
025.jpg
 
◆雲の中のダウンヒル◆
 
少ししたら同じく約15kmのダウンヒルへ出発。
「もうボトル空だよ~」
言ってたら直ぐに右手に自販機発見。
そこは水ヶ塚公園。
ここに富士スカイラインの標柱があって、初めてここがそうなんだと気付いた。
 
026.jpg
 
スカイラインは、スバルラインやあざみラインと違って⊥字型って事だよね。
スカイラインはやたら長いと聞いていたけど、その通りでした。
水ヶ塚公園を出ると、映画「ミスト」の世界みたい。
映画の結末を思い出し、後味悪かったのを思い出しつつ、マイペースに下る。
写真撮っておけばよかったなぁ。
いつもよりスピード出てる気がして、「安全走行で生きて帰るぞ」と気を入れ直しつつ、自分のペースで下るのは久しぶりだから途中までは十分にダウンヒルを堪能した。
残念な事に途中で車に追いついてしまい、抜かす事も出来ずその後は消化不良気味に麓に到着。
 
おしりんと合流して、道の駅すばしりを目指す。
またここから3.5km登り。
「ヒルクライムしたらダウンヒルして終わりが良いよね~」
そんな話をしながらおしりんとは直ぐにグッパイ。
自転車進入禁止エリアに突入する手前で待っていてくれたのに、その姿を見ながらなぜか直進。
「こっちだよ」
言ってる声も良く聞こえてなかったけど、ようやく自分が間違ってる事を理解してバック。
富士浅間神社の大きな標柱を横目進むと朝見た道に出てやっとこゴール。
めっちゃ疲れた。
疲労感もなかなかで、サイコンの距離を見ると113km。
それ程の距離では無かった。
これはと思い、獲得標高をチェックすると1839m。
2000mいってなかった。
それなのにこの疲労感。やっぱり富士山はすごい。
 
◆第二の目的地・さわやかへ◆
 
さわやか御殿場インター店に到着したのは16:30。
運よく駐車スペースにちょうど空きが出たところで、みるみるうちに駐車場が立ち往生する車でいっぱいに。
ナンバーを見ると他県ナンバーばかり。
店内も順番待ちの人が沢山だったけど約40分程で案内される。
食べたのはもちろん、げんこつハンバーグをオニオンソースで。
 
0122.jpg
 
めっちゃ美味しかった!!
でも、ご近所にあるフライングガーデンの爆弾ハンバーグで十分満足出来ると思ったので、これだけの為にはもういいかな。
でも本当に美味しかったよ!!
 
にしても、私の切り方(上)とおしりんの切り方(下)の差よwww
 
015.jpg 014.jpg
 
その後は、さわやかではお腹いっぱい過ぎてスイーツを食べられなかったから、5年前に御殿場のアウトレットで食べたキャラメルシュークリームを食後のデザートにしようと言う話になってアウトレットへ。
残念ながらキャラメルシュークリームは無かった。
他に何かないかと構内をグルグル。オークリーのお店があったからそちらにも立ち寄り。
色々見て回ったものの、結局入口にあったソフトクリームを食べた。
これがめっちゃ旨かった。クレミアより好き。
 
帰路は東名高速の集中工事のせいで渋滞にハマりつつ、無事帰宅。
アウトレットまで行って…これはデートか!とツッコミもらったけど残念!!!
全く色気無しライドだったからそんな事ないw
何はともあれ早朝からとっても充実した楽しい一日でした。
あ~楽して速く登れる様になりたいわ~
次の日筋肉痛は来なかったイエイ!
スポンサーサイト

Posted on 2016/09/29 Thu. 12:40 [edit]

category: ロードバイク

TB: 0    CM: 2

29

コメント

No title 

ちょっと!本栖湖の写真上手く収まらなかったのは、登るのが嫌で湖まで下らなかったからでしょ!!!ww

たしかにデートとは言えないよね…アウトレット行ってオークリー、しかもジョーブレーカーとレーダーしか見ないデートなんてない…w

URL | おしり両成敗 #- | 2016/09/29 21:42 | edit

 

>おしりん

そうだったww一生に一度の瞬間を捕える為には多少の登りは我慢しないとか…

私は若い子と遊べて楽しいけど、おしりんからしたらおば…お姉さん過ぎてハライタ起こすわwでもまた懲りずに一緒に走ってやってね~!

URL |  #- | 2016/09/30 12:53 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://cpdiem.blog.fc2.com/tb.php/22-450ad922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。