09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

自転車に全フリはムリ

笑って泣いて全力で遊ぶ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

BRM618千葉600茂木・反時計回りレポ 

6/18、19はBRM618千葉600茂木・反時計周りに参加。
まだ1人で400km 未走破なのに、例のごとく1人でエントリー\(^o^)/
実は去年もエントリーしていたけど、前日から雨、スタート時は土砂降りでDNSしていました。
私は雨だったら迷わずD・N・Sします( ̄^ ̄)ゞ
 
でも今回は週頭の予報からずっと晴れ。
きっとこのまま変わらないだろうと思い、準備も去年より入念に。
今回は1人走る上、参加者自体数が少ないので何かあってもそう助けは無いだろうから、トラブルを想定して普段は持ち歩かないチェーンカッターなどの工具も用意。
チューブ、CO2ボンベ、充電器、消耗品は全て2倍持った。
まぁ空気入れも2つ持って行ったのはご愛敬ってことで(^◇^;)
あとハンガーノックに備えて、チョコバーを6本にゼリー飲料を2つ。
オルトリーブ L サイズに入るだけいれると重さは2.25kgもあったw
前の週に茨城県内だけ試走した時に膝を痛めたので、ロキソニン錠剤と発布薬も持参。
 
家を2時50分に出発🚗💨
高速に乗るつもりが、ナビが一般道指示になっていたらしく、早めについたら少し寝ようと思っていたのに、到着は5時少し前で寝れなかった。
 
到着すると皆さん自転車の組み立てをしていたので、私もすぐ準備に取り掛かる。
車から自転車を下ろして、靴を履き替え、持ってきた最中とチョコパイを食べ、気付く。
ボトルを忘れた…(((;꒪ꈊ꒪;)))
うわぁ…シャレにならない( ⁰ ⊖ ⁰)
やっちまった…と思ったけど、無いものは無いので、旦那様にPCまで持って来てもらい、それまではペットボトルで頑張ろうと、家からどこのPCが最短かを確認。
一番近いのはPC5の下総成井店。約260km地点。
ここまでに、このブルベの獲得標高4400mのほぼ半分2300mは終えている。
ヒルクライムをペットボトルで乗り切れる自信はないけど仕方ない( ˇ﹏ˇ )
旦那様にメールをして了承を受け、受付をし、自販機で水を買いました。
ペットボトルが落ちない様にアルミの安いボトルケージを曲げられるだけ曲げたd(・▽・)
 
気持ちが落ち着かないままブリーフィングが始まる。
ツールドつくばを迂回するために、不動峠越えから上曽峠越えに変更になり、距離が4km延びた。裏不動より勾配は緩いけど、距離が2km程長くなるので嫌だけど仕方ない。
 
ふと後ろからAJ千葉のスタッフさん達の話声が耳に入り、何気なくそちらを見る。
誰かひとり位、ボトル持ってたりしないかな。そんな淡い期待を胸に、恥ずかしさもあって恐る恐る「ボトル忘れちゃって…借りたり出来ませんか」と聞いてみた。
すると最初に対応してくれた方は「貸出とかはしてないんですよ」とのお返事だったのだけど、それを聞いていた別の方が「ダブルボトルで来たので貸しますよ!水もどうぞ!」と。
喜んだのと同時に、その方が今日の実走隊の方だと気付いて、本当に借りてしまって良いのか伺い申し訳なく思いつつ、有難くお借りしました。
お名前を聞いたら、「ちゃんとゴールして返してね」とのお言葉に「必ず完走します」と返す。
ガーミンの気温表示がどこまで正確かは判らないけど、記録では最高気温は40℃になっていて、ボトルを借りられなかったらきっとDNFしていただろうな…
後になって気付いたのだけど、ボトルを貸してくれたスタッフさんは、初めて参加したブルベでミスコースしまくってた私を確認の意味で待っていてくれたり、真っ暗な林道を後ろからめっちゃ明るいライトで照らしてくれた佐藤さんでした。
次参加する時は何か手土産を持って行きます。
 
反時計周りの出走者は49人。うち女性は私一人。
時計周りの方は36人、女性は2人でした。
 
スタートは6時ちょうど。
車検を受けて出発。
 
袖ヶ浦海浜公園に到着した頃は風も穏やかだったのに、スタートする頃には徐々に強くなっていた。
出発してすぐ、前にいた方々がみんな左折していく。
どうやら時計回りの人達だった模様。
なので前にはもうだいぶ離れた場所に2人確認出来るだけ。
最初くらいドラフティング出来るかな~と期待していたけど、皆無!
後ろから来た方についていこうとしても、信号に阻まれ置いてけぼり( ˃ ⌑ ˂ഃ )
 
先月の300でも思ったけど、皆さん信号ギリギリで攻め過ぎ(;^_^A 
それでも10kmくらいは前方に誰かの姿を確認する事が出来る状態での走行。
途中見失ってしまったけど、PC1までは過去2回は通っているので何となく覚えているから気持ちも楽♫
 
マザー牧場まであと数kmで大きなバックパックを背負った方をパスしたけど、あれで600km走るなんてすご過ぎでしょ( ꒪⌓꒪)
マザー牧場への道は今回が2回目。
初めて登ったのは初めてのブルベで。
あの時は前に人が沢山いて、登るのもしんどかった記憶しかないけど、スタートしてまだ30km程度なので元気で快調に最初の山越えが出来たと思う。
 
下り終えれば直ぐにPC1に到着。7時40分過ぎ。
前方に誰も確認出来なくても、PCに着けば誰かしらいるもので、「お疲れ様です」と声を掛け合う。
これだけでも嬉しい💕
ここではチョコミントのアイスを購入。
水はあまり減ってなかったので、途中の自販機でもいいかと買わなかった。
 
PC1を出ると気温がグッと上がった気がした。
小さな山越えをしつつ南房総を南下していく。
もみじロードや長狭街道も走った事があるので、前後に誰もいなくても、前に走った時の事を思い出したりして気持ちに余裕あり。
 
山の中を抜けると向かい風。
またしても風のブルベか/(^o^)\
 
小山を2つ越えて短い下り基調が終わると房総半島最南端の野島崎灯台手前のPC2に到着。
9時55分過ぎ。
ここではアイスコーヒーと塩分が欲しくて梅のおにぎりを購入。
糖分は持ってきたチョコバーで摂った。
 
走行中、前後には誰の姿も見えなくても、PCにはやっぱり誰かいる。
大丈夫、一人じゃないw
 
PC3まではまず40km程海岸線沿いを走る。
サーファーにトラックに、バイクにとにぎやか。
私が見えていないのかウィンカーも出さずにいきなり左折してきた車が2台いて肝が冷えた(︶﹏︶")
スピード違反の取り締まりもあちこちでやっていて、気持ち良くバイクを走らせていたであろう人が捕まっているのを横目に、前方からかっ飛ばしてくるバイクに車みたいにパッシングで合図してあげる事も出来ず、捕まらない様幸運を祈りつつ走る。
バイクのライダーさんがすれ違う時や抜かしていく時に手を挙げてくれる人がけっこういて、それが嬉しかった
 
鴨川で一度海岸線に別れを告げて有料道路を登り、君津へ。
この有料道路、気温も高くなり始めた時間帯なところに地味に向かい風でキツかった。
料金所で20円を払い、少し走ればPC3に到着。12時35分頃。
もう暑くてアイス以外考えられなかった。
けど、パフェとか待つ時間も惜しくて、パピコ・白桃スムージーを購入。
あと梅干しと梅のおにぎり。
おにぎりを食べてからパピコを食べたら、1本でおなか一杯になったから、このPCでもやっぱり他の参加者がいたので、すぐそばにいた方にいりませんか?と聞いたら、その方はクーリッシュを手にしていましたw
なのでもう一本は胸に入れて走った。すぐ溶けちゃったけど、溶けるまでは快適だった。
 
PC3を出るとまた登り。
三石山クライムも2度目。凄く暑い時間帯だったけど、三石山は涼しかった~(*´◒`*)
下ればまた向かい風( ・᷄д・᷅ )ケッ
進行方向変わってるはずなのに何でずっと向かい風なの?
 
三石山を越えてもまだ少し登りがある中で暑さにやられたのかなんだか視界が少し霞み、 熱中症の文字が頭に浮かぶ。
タイミング良く自販機があり、ストップ。
見た事ないスポーツドリンクがあり、熱中症対策に!と書かれていたのでそれを買って半分くらい飲んで残りはボトルに。借り物だから水オンリーにするつもりだったけど、背に腹は変えられないのですみません(>人<;)
塩のタブレットをガリガリ食べて出発。
 
その後は少し街中に入り、やっと人の気配を感じられる( ゚^∀^゚)
人が動いている姿を見ると気が紛れるから喜びながら進んでいると、いきなりUターンしてきた車に轢かれそうになった(・・;)
ドライバーさん、全くこちらを見ないまま行ってしまった(๑°⌓°๑)
転ろびはしなかったけど、びっくりしてストップ。その様子を見ていたおばあちゃんに「危なかったね、大丈夫だった?」と声を掛けて頂き、我に返りました。
千葉県のドライバーさん怖い…こんな事があと何回あるか分からないし、茨城県に入ったら入ったで危ないだろうし、十分気を付けていこうと改めて思い直した。
五体満足、生きて帰る事以外に重要な事ない。
 
この後くらいにガーミンのナビがずっとオフコースになり、画面がストップ。
GPSを上手く拾えてないのかもと思ったけど、先月フリーズさせてるから怖くて触れない;^_^A
 
でも今回はコマ図の他にも、ワフヌさんに教えてもらった iPhoneのアプリ【ガリレオ】も使っていたのでガーミンが動かなくても動揺しません ( ˘ω˘ )
それよりココまでガリレオをあまり見ていなかった事に気付いた。
なのでメインをガリレオに変更し走行。
これが!もう!最高過ぎた
eTrex欲しくなくなりましたw
ハンドル周りはだいぶゴチャついていたけど、走り難い事もないので気にしない!
 
PC4手前で、ブルベ参加者発見👀
信号で追いつき、ほんのちょっとだけ近距離で走りました(●´ᆺ`)
いつもの調子で後ろにぴったり付くのは憚れたので、自転車一台分くらい後ろを走行。と思ったら前の方速くてすぐさよならでしたw
 
でもその後直ぐPC4に到着。 15時20分過ぎ。
くっそ暑いのに日陰が無い/(^o^)\
自転車を押して店舗の裏まで行ったら日陰発見!
建物の向こう側にブルベ参加者さんを2人発見👀ここでは3人に会遇。
とりあえずまた表側に戻り、レジに近い場所に自転車を置いて買い物に。
アイスコーヒー、梅のおにぎり、お饅頭、キットカットを購入。
アイスコーヒーにはガムシロップを3つ投入。
コーヒーはブラックが好きなので普段じゃ考えられないけど、美味しく感じるから不思議。
 
スタッフさんがいて少しお話しした。暑い中スタッフさんも大変だなぁ。感謝です
 
ブルベ参加者じゃない自転車乗りの人達も来て、急に賑やかになり出した頃に、出発の準備。
ここで初めてツイッターで風が辛いと弱音を吐いた。
 
でも❗️
ここから20km、九十九里ビーチラインは横風気味な追い風だった+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚
 
ヒャッハ~
 
海岸線沿いだから完璧な追い風ではなかったのと、暑さで思った程のスピードは出なかったけどそれでも向かい風じゃないと、楽ではないけど辛くない。
緩く漕ぐか、しっかり踏むか迷って、ビーチラインが終わればまた向かい風の可能性もあるのでしっかり踏む事にした。
途中で1人パスし、30~32kphで走行。ふとミラーを見るとさっきパスした人が後ろについていたけど、特に気にする事なく進むとまた一人前方に見えた。
追い付き、そのまま抜かそうか迷っているうちに九十九里ビーチラインが終わり柴山はにわ道へ。風は横風だった。
後にはまだついている人がいて、いつの間にか微妙なトレインになってた。
 
この先、大きなアップダウンがあるのが判っていたので、マイペースで行きたくて、先に出て少し先に見えたファミマに立ち寄った。
アイスコーヒーだけ買って出発。
先に出てスピード上げても信号に捕まってばかりだったからその度追いつかれていたので、少しばかりスピード出しても意味はない。辛くないペースで行く。
成田に入ると、ちょこまか登ったり下りたりを繰り返す。
こんなにアップダウンしなくても平坦な道知ってるよ?なんでこの道選ぶかな~(๑•́ ₃ •̀๑)
そんな事を思いながらやっとPC5に到着。18時25分過ぎ。
ボトル借りられなかったらここまでペットボトルだったんだな…借りられて本当に良かった꒰ˊ• ·̭ •̥ ꒱
 
ここではあさりのパスタと梅のおにぎり。
このPCにも4人程参加者がいた。あとスタッフさんも。
「この時間に固形物入るのすごいな」と言われ、スタッフさんが「若さでしょう」と言ったのだけど、決して若くないので笑うだけに留めておきましたw
時計回りの人、しかも女性が到着して、思わず「早過ぎだろ」と声が漏れる。
時計回りの人にとっては約340km地点。私達にとっては250km地点。90kmも先行してんの(⁰︻⁰)
 
まぁ他の人を気にしても仕方ないので、しっかり食べて、アイウエアをクリアレンズに換えて、ヘルメットのライトを装着。夜装備を整えたら出発。
すぐに茨城県に突入。
あっという間に辺りが暗くなる中、霞一でおなじみの稲敷大橋、北利根橋を渡るとあれおかしいな。もうお腹が空いてきてる(;・ω・)
さっきのPCで食べ過ぎたのかもしれないけど、急激な空腹を感じたので、セブンに立ち寄り。
 
アイスコーヒー、梅のおにぎり、お饅頭を購入したのだけど、バスの団体さんがきていてレジが激混み。おじいさんから若い男の人まで女性はいなかったけど何の団体だったのかしら。
バスを見ると、そろばん塾と書かれていてますます ( ・・ ?
「お姉さんどこまで行くの?」と聞かれたから「今から茂木に向かいます」と答えたら「そりゃまたけったいな」とのお言葉。うん、確かにね。
「頑張れ」の言葉を貰って出発。
 
PC6までは特に目立った事はなく、あまり記憶がない。
ただ眠気が出てきて全然出力上がらず、せっかく涼しい時間帯なのに全然良いベースでは走れなかった。
 
やっとPC6に到着。21時10分頃。
スタッフさんに、時計回りの人と反時計周りの人が沢山いて賑やかだった。
「お!いい調子で来てるじゃん」と後ろから声をかけられて振り向くと、スタッフの佐藤さん💞
貴方のおかげで私はここにいます❗️口には出来なかったけど、そう思ってました。
「眠気が出てきてヘロヘロ走行してます」と答えると「みんな同じ!頑張れ!」と。
 
ここでは何を買ったのか覚えてない。
たぶん梅のおにぎりか、麺類か。
食べ終えて出発する時は、逆方向に出ようとして、スタッフさん達に「そっちじゃないよー!」と呼び止められるw
「あいや~ホントですねぇ」とそんな感じの返事をして、正しい方向へ出発。
 
ここから時計回りの人達とのクロスが始まり、お互いベルを鳴らして挨拶
これが嬉しくて少し眠気が引いた♫
 
水戸までは平坦基調の道のり。本当は試走で立ち寄った和菓子屋さんにまた寄りたかったけど、当然お店は閉店してました。1個45円の黒糖饅頭美味しいのでおススメ。今度普通に買いに行こうと思う。
 
段々眠気がぬぐえなくなってきて城里に入った頃にはピークに(_ _).。o○
スピードは15、6kphしか出ないだけでなく、居眠り運転しかけた、恐ろしい。
なので試走した時に見つけておいた芝生のある公園でストップ。
全部の明かりを消して、タイマーをセットして芝生の上に寝転がる。
夜露がちょっと冷たいな、星がきれいだななって思っているうちに20分くらいは眠れたと思う。
タイマーは30分後にセットしていたけど、蚊にグローブの上から両手の甲刺され、あの羽音で起こされた。こんにゃろ(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。 )
でもちょっとスッキリした感あったので良し。
この公園を出た後に、えぐい下りがあったのだけど、真っ暗だからすごく怖かった。寝といて良かったとマジ思った。
これ時計回りの人は登るんだよね…嫌だ(´Д` )
 
途中に道の駅かつらがあって、ここでも寝られそうだとチェックしておいたのだけど、まだ大丈夫そうなのでスルー。
ふと道の駅の方を見るとベンチに横になっている反射ベストを発見。
うんうん。やっぱり考えるよね。
 
さて、道の駅かつらを越えると備前ダムの横を通り過ぎて、檜山&桧山越え。
ダムへの道に曲がる手前で、バンが停まっていて、その車内がうっすらと白くて眼を引かれてそちらを見ると、中の人がこっちを見ていて多分目が合ったと思うし心底ビビった。
いやマジ本当に怖かった
もう一度見る勇気は無いまま、今の生きてる人だったよね?あ、でも生きてるって事はDQNとかの可能性あるし追いかけてくるかも?とか色々考えながらちょっとペースアップ。
しばらくしてもエンジン音は聞こえてこないので、ホッと一息。
 
これから山に入るので、怖いからiPhoneを斜めかけしていた小さなバックにいれて音楽を流しながら、歌いながら走った。
でも、その音楽の所為か、野生の動物と思われる何かか横の林をガサガサ動く音が頻繁に聞こえてきてそれはそれで怖かった。
もうどうせ速く走る気力も無いし、山越えだし、歌が歌える速さで走った。
 
しばらくすると栃木県の標柱が見えてきて、茂木に入る。
少し走ればツインリンクもてぎの裏側に出て長い下りが待っている。漸く街中だ~♫
下り終えて、T字路で信号待ちをしていたら、左から扉が開く大きな音が。
びくぅぅぅ!ってなって焦ったけど、音楽を流したままだったから、もしかしたらそれでその家の人は何だ?となったのかなと。
ひとまずPC7までは街中を行くので音楽はストップ。
茂木駅前通ってもひっそりとしたもので、あれ?地元の方が賑わってるんじゃない?なんて思いながら進めば見えてきたよ道の駅もてぎ。
 
PC7はそのすぐ先。日付変わって19日の1時45分頃に到着。
予定してた時間より30分遅れ。でも寝た分なのでOK。
 
ここでは通過チェックも行われていて、スタッフさんががっしり待機していた。
先に買い物を済ませ、いつもの梅おにぎりとアイスコーヒー。
通過チェックを受けると志ち乃のどら焼きを頂きました💖
ルート上につくば店があるから、オープンしてたら寄る予定だったけど、必要なくなったd(・▽・)
 
「今2番目だよ。1番目の人は道の駅で寝るって行ってそっちに行ったよ」と教えてもらう。
「私はルートからちょっと離れたところに自宅があるのでこのまま行きます」そう言って出発。
まぁ我が家はここからまだ100km先だけどf^_^;)
 
道祖神峠は何やら〈出る〉との噂があるから、出来れば明け方近くに越えたい。
とは言えまずは仏ノ山峠を目指す。14km程登り基調。夜中なのに風がある。しかもまた向かい風。がっくり╮(︶﹏︶")╭ 
寂しい道のりだからまた音楽を流して歌いながらのんびり走った。
 
道祖神峠までの登りに差し掛かったのは3時過ぎ。一番鶏の鳴き声が聞こえてきて良い頃合いだ。
のっそのっそ低速で登りながら、時々聞こえてくる音にビビる。
「怖いのは幽霊より生きてる人間」そう何度呟いた事かw
でも、流石に峠でストップする気にはなれずそのままダウンヒルへ。
 
道祖神峠の次はツールド筑波迂回で裏不動から変更になった上曽峠へ。
裏不動の方が良かったけど、路面は断然上曽峠への道の方が良くて結果的にはこちらで良かった。
というのも、上曽峠の入口の自販機で一旦座って休憩したにも関わらず、登り始めたら途端に眠くなってきた。
人間、自転車乗りながらでも寝てしまうのは今回体験したけど、まさか山登りしていても寝そうになるとは…
ふらついて危ないから、自転車から降りて押して登る事に。
でも、押して歩くの辛い。クリートのせいだな!そう思って靴を脱いでみた。
多少は楽だけど、やっぱり押してる方がしんどいので、直ぐ靴を履き直して自転車に。
眠気は残ったままだったけど、脚の休憩にはなったから気が付けば峠まで来ていた。
辺りは明るくなっていたけど、上曽峠でもストップする事なくダウンヒルへ。
少し下ったら、すごい勢いで犬が二匹吠えながら追いかけてきた!(◎_◎;)
犬の顔チョー怖えぇぇぇ(((;꒪ꈊ꒪;)))
ブレーキ全開で逃げました💨💨💨
夜中だけ放し飼いにしてるのかな。こんな時間に人いると思わないよね。
とりあえずホッと一息ついているとまさかの第2弾!
今度は1匹だけど、デカいよ?犬好きなんだけど怖かった( ˃﹏˂ഃ )
 
真壁消防署前に着く頃にはすっかり眠気も覚めていたのに、左に曲がるとマジかよ向かい風だよ。もう一気に意気消沈。
脚に力が入らずスピードも上がらない。
段々眠気も戻ってきて最悪の状態でやっとPC8に到着。5時ちょい前くらい。
コンビニにはツールドつくば参加者の方が数名。
LINEでそちらに参加されるFlechaのみんなに一言応援メッセージを送って、10分くらい居眠り。
 
全然スッキリ出来なかったけど、次に目指すはPC9ではなく、我が家。
家に帰って、お風呂に入って、自分のベッドで寝る!これを糧にここまで頑張ってきた。
相変わらずの向かい風だったけど、子供達も一度帰ると約束してるし、もうひと踏ん張り。
途中、沢山のツルつく参加者とすれ違うので、片っ端からご挨拶。
あぁ~人との接触が嬉しいw
 
早朝の時間帯だから、心配していた土浦イオンの周辺もスムーズ。なんでこの道選択したの?と不思議に思ってしまうレベルで普段から常に渋滞の道。さらに道幅の狭い。
お気に入りのパン屋さんの前を通ったけど、残念まだ開いてなかった。残念。
 
霞ヶ浦高校を通り過ぎて阿見坂へ。
地元の人間なら、車の交通量と勾配を考えて阿見坂じゃなく、その手前か先の坂を選ぶところなんだけどな~と思いながら、20年ぶりくらいに自転車で登った。
 
その後もちょっと交通量があって、信号ストップの多いエリアを通り、やっと我が家へ帰るのに選んだ道へ。
往復で7kmほど余分に走る事になるのだけど、ちゃんと一息つきたい。
当初予定していた時間より1時間遅れで、朝7時に一旦帰宅!
 
あー!鍵持って来てないヽ(;▽;)ノ
途中で電話すると伝えてあったけど、時間が時間だから悪くてしてなかった。
誰か起きてますようにとインターホンを鳴らすと息子が起きてた。良かったε-(´∀`; )
お風呂もやっておいてくれてたので、速攻入って、気持ちリフレッシュ
借りたボトルを消毒洗いしておいて、その間に1時間半ほど仮眠する事に(-_-)zzz
タイマーをセットし、念の為、子供に「9時半になっても起きてこなかったら起こして」と頼んで自分のベットへ。
すぐ眠れた。アラームを待たずにほぼ1時間で目が覚めた。
だいぶスッキリしていたから、そのまま起き出して、準備。
お借りしたボトルをキレイにして、自分のボトルを用意。中身は麦茶。
 
さて、朝飯~と思ってキッチンに行くと、塩分補給にカップ麺を食べて行こうと思って買っておいたラ王が無い!!普段全くカップ麺を買わない家なので、たまにあると旦那に食べられてしまうと危惧し、2つ買っておいたのに、2つとも食べられていた!!旦那に(ǒ言ǒ)
子供達には伝えてあったから食べなかったのだと思うけど、旦那には金曜の夜から会ってなかったから言ってなかった。でもまさか二つとも食べちゃうなんてな(。・ˇ_ˇ・。)
とりあえずあるもので普通に食べたけど、がっかり。次のPCでは絶対麺類食べるんだ。
 
家を出たのは9時過ぎ、3時間使う予定だった一時帰宅は2時間半ほどで済んだ。
お風呂に入って着替えると気持ちはかなりリフレッシュ。脚もずいぶん休まった。
心拍計とミラーを忘れた事に気付いたけど、支障はないのでそのまま行く。
ルートに合流するまでの道は斜めからの追い風。と言う事は、ルートに復帰したら向かい風だ。しかも休む前より風がずいぶん強くなっていた。
 
普段車で良く通る道をPC9へ向けて走る。
路肩の極狭な道なので車はめっちゃ迷惑してるだろうけど、向かい風強すぎて全然速く走れない。
休んだからだいぶ元気なんだけど、風には勝てない。
若草大橋有料道路に差し掛かるとまた一段と強い風が(^ཀ^)
茨城を離れ、印旛沼脇の道を走ってる時も進まない。進行方向は変わってるはずなのにどっち向いても向かい風/(^o^)\
PC9まであと少しのはずなのにとても遠く感じた。
でも前日と違って陽射しがそれほどキツくなくて良かった。
 
待ちに待ったPC9が見えてきて、近づくとスタッフさんらしき人達もいてやっと一息つける~。
10時50分過ぎに到着。
冷やしうどんと塩大福を購入。いただきま~すと食べ始めると手に異変が。
家でご飯を食べた時は感じなかったけど、すごく痺れていて、お箸を上手に使えない。
うどんを捕まえるのに一苦労。面倒になってほぼかっこんで食べたσ^_^;
スタッフさんに「寝ましたか?」と聞かれ「はい」と答える。
「今2番目ですよ。1番の人はちょうど2時間前に通過しました。後続は来てましたか?…って判らないですよね」
茂木のPC7で1番手だった方かな?
家に帰ってる間に沢山抜かれてるだろうなと思ってたから意外だった。
思えば山降りてからほぼずっと向かい風だし、風自体強くなってるから、他の皆さんも苦戦していたのかもしれない。
なんて人の事まで考えたのはここまで。
 
この後の100kmは地獄だった。
 
佐倉に入っていきなり大坂を登らされたと思ったら、その後はひたすら向かい風とアップダウン。
しかも車通りも多くて、渋滞で先に行けなかったり、信号ストップにも回数多くて気が滅入る。
大型スクーターに乗ったカップルに渋滞で並ばれた時に、「この風に向かって走ってんのやぱくね」
と笑われる。
 
うっせ! 
こっちだって好きでこんな強風に向かっていってる訳じゃねぇんだよぉぉぉ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン
心の中でひっそり悪態つくだけにしておいたのに、去り際に女の方が振り向いて鼻で笑っていったけど、もうどうでも良くなってた。
 
それにしてもアップダウンが続く。
本当にしんどい。
昨日のしんどさなんて比じゃない。
ブレーキかけなくても下りで30前半しか出ないし、登りは普通の坂道なのに!ヒルクラしている訳でもないのに10を切ってしまう事もしばしば。
段々嫌になってくる。
もうこの辺りから登りが見える度に「バカじゃないの」、下りに入る度に下ったらまた直ぐ登りが来るのが判ってるから「下りたくなんてないんじゃぼけぇぇ」「誰だよこんなルート選んだの鬼畜がぁぁぁぁ」を騒いでおりました。歩行者がいようが、草むしりしてる人がいようが、ガードマンがいようが、とにかくわめいていたので、色んな人を驚かせたと思うし、間違いなく頭おかしい奴と思われていただろうな(;^_^A
 
沖入口という交差点からの7.3km直線。うっすらと登り基調もあり。
真正面からのど向かい風。下ハンを持って、姿勢を低くして、めっちゃガッツリ踏んでも、サイコンには14~17kphの数字しか出てこない。
何度メーターを見ても、距離も全然進んでいない。゚( ゚^∀^゚)゚。
精神的に辛くて辛くて、もう二度と一人で600なんて走らねぇ!今年SR取れなくたっていい!もう嫌!バカじゃないの!バカじゃないの!
どれだけ悪態ついても風が止む訳もなく、全然進まない道のりに段々情けなくなってきて、少しマジ泣きした。けど、結局、「マジ無理」「もう無理」「ふざけんなー」と騒いでなんとか乗り切った( ー`дー´)
 
やっと、ど向かい風が終わっても絶えずくるアップダウン。更にそれを越えて次に待っていたのはうぐいすライン。
穏やかな風の中とか、追い風ならいくらでも登るよ。でも今回は登りも下りも向かい風。
「バカじゃないの!」再発。これしかもう口から出ません。
 
ひたすらわめきながらやっとPC10に到着。14時15分過ぎ。
ここまで本当に遠かった。約60kmの距離に3時間30分かかった。アベレージは16.9kph。
頑張って踏んでこの数字だからな~そりゃ走ってる時は嫌になるわ( ˘ω˘ )
アイスといももちと梅のおにぎりと。
食べる元気はあったd(・▽・)
 
スタッフさんも、他の参加者もいなくて少し寂しい。
それもあってか LINE やツイッターで貰っていた応援のメッセージに変に感動してしまって泣きそうに。
いかん、いかん。まだ早いよ。いやさっき少し泣いたけど。
 
それに、まゆさんとDORAさんがつくばから袖ヶ浦まで来てくれるとメッセージが。
更に感動。
どんなに風が辛くてもDNFは頭に無かった。
けど、絶対ゴールするんだって気持ちが強まった。
 
でもPC10を出ても変わらず向かい風。
でも高滝湖にかかる加茂橋は風が気にならないくらい良い景色でここにくるまでに荒んだ心がだいぶ洗われたw
しかしうぐいすラインはまだ終わってなかった꒰✘Д✘◍꒱
登りが来る度「バカじゃないの!」も健在です。
うぐいすラインの終盤でローディーさん達3人とすれ違った。
挨拶して少し元気に。
 
その後は少し長めの下り。もうどうせスピード出ないので基本ブレーキかけないスタイル。
途中で雨がポツポツと。空気もひんやりしてきてちょっと寒く感じた。
一度大粒になった時はちょっと迷ったけど、直ぐに止むだろうと止まる事はしなかった。
 
ある程度進むと、知ってる景色に。
初めてのブルベで通ったルートだ!
左折するべき場所で真っ直ぐ行っちゃったっけな。と思い出していたら、その左折するべき場所に。
この先は佐藤さんが後ろからライトを照らしてくれた林道だ。
あの時は真っ暗だったけど、今はまだ全然明るい。こんな景色だったんだな。
終わったと思ったらもう一度登りって記憶していたけど、もう2度あった。
「バカじゃないの!」忘れてません。
林道を出ると袖ヶ浦フォレストサーキットウェイの目の前に出た。
これは全く記憶になかったので、なぜかサプライズ感あって元気になった。
 
それから10kmほど下り基調だったので、今までの鬱憤を晴らすかの様にかっ飛ばした。
と言っても35~38kphくらいだけど。
途中までは追い風気味でもあったのだと思う。気持ち良く走れた。
 
でも少しずつお腹が空いてきて、AJ千葉でスタート地点にも使われる袖ヶ浦公園の横を通った時は、メロンパンのお店が見えて立ち寄ろうかと思った。けどすごい並んでいたので断念。
もう少しでゴール。帰ればAJ千葉名物のロールキャベツが待っている
ほんとお腹が空いているのに、最後の登り坂。でも最後。
勝手知ったる道を越えて、海岸線沿いに出れば初めて気持ちいいくらいの追い風が!
本当に最後だし嬉し過ぎて踏まない理由がなかった。最後の最後で息も切らさず楽に42kphまで出せて満足。
袖ヶ浦海浜公園に到着。16時22分。
 
パッと見、まゆさんとDORAさんが見当たらなかったので、ひとまずゴール受付を。
認定時間は34時間22分でした。
 
スタッフさんにお疲れ様と言われて、本当に1人で走り切ったんだなと実感。
沢山笑わせてくれるから、感動して泣くかと思っていたけど、全然そんな事なかった(๑‾̄〰‾̄๑)
 
佐藤さんはいなかったので、ボトルは直接返せなかった。来月のブルベでも実走されるかな。
スタッフさん達には本当に感謝です。
 
私の直ぐ後にゴールされた方は時計周りで、ずっと追い風だったそう。
どんな登りも背中押されてる感じで、風が後ろからしか来ないから暑かった。って。
そんなセリフ言ってみたい(T ^ T)
その方、名古屋からの参加だそうで!
雨が降る前に帰りたいと先に帰路につかれました。
 
その後ちょうどまゆさんとDORAさん到着。
こんな遠いところまで本当にありがとう(*´◒`*)💕💕💕
おかげで疲れも吹っ飛びました。
スタッフさんがお二人にもロールキャベツをご馳走してくれた。
 
今回無双になった時は一度も無かったな。
1人で参加するブルベはなぜかいつも強風。
向かい風今までで一番辛かった。
それでも今回完走出来たのは、試走したとの、知ってる道が多かったからだと思う。
 
今回の茂木600、半時計周りはエントリー49人、出走者は37人、完走者は26人。
時計周りは、エントリー39人、出走者32人、完走者19人。
リザルトは半時計周りでは2番目。
速さを競うものじゃないけど、なんだか嬉しい。頑張った。
でも1人で600は心が荒し、寂しいから出来ればもう走りたくない( ˃﹏˂ഃ )
 
帰りは渋滞にハマりつつ、家に着くまでは眠気も大丈夫で無事帰宅。
家族がご飯を食べずに待っててくれたので、ご褒美のラーメン。大盛で♪
帰宅後、お風呂に入ったらバタンQでした。
 
お疲れ様私(*´◒`*)
ここまでお付き合いありがとうございました!
スポンサーサイト

Posted on 2016/09/22 Thu. 09:03 [edit]

category: ロードバイク

TB: 0    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://cpdiem.blog.fc2.com/tb.php/20-2941fceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。